2017年10月24日
  |  ログイン

 ASPサービス

最小化

VACCO HOSTING SERVICESでは、当社サーバ上に配置した各種ソフトウェアや業務システムをウェブブラウザなどを使ってインターネット経由で利用していただくASPサービスを提供または予定しています。

 用語説明

最小化

SaaS

Software as a Service の略で、直訳すると、「サービスとしてのソフトウェア」。つまり、従来のパッケージとして購入し、インストールして使うソフトウェアの購入モデルの対極の概念として、サービス(月額利用料という形態での利用)としてソフトウェアを利用するサービスモデルの形態を指すことが多い。明確な定義はないがASPの再定義とも言える。より広い概念を指す場合も多い。

 ASPとは?

最小化

Application Service Providerの頭文字で、その名の通り、本来はアプリケーション提供事業者のことを指しますが、もっぱら提供事業の提供するサービス形態のことを指してASPと呼ぶことが多くなっています。具体的には、事業者が提供するアプリケーションをインターネット等の通信回線経由で貸し出しし、利用期間や使用量などの購読方式で利用する形態を言います。

なお、最近、ASPサービスのことをSaaSとも呼びますが、実態としてはほぼ同義であり、ASPの再定義といってもよいでしょう。

 ASPの仕組み

最小化

別掲のCMSもサーバにインストールしたソフトウェアをネットワーク経由で貸し出すという意味ではASPサービスに含まれますが、CMSは目的がWebサイトのホスティングであるのに対して、より広義のソフトウェア貸し出しという意味でASPというカテゴリを設けました。

 インターネット普及以前、ソフトウェアを利用するためにはソフトウェアパッケージを購入し、利用するパソコンにインストールして始めて利用が可能となりました。ASPでは、ソフトウェアはサービス提供事業者のサーバ上にあり、利用者側にはブラウザ等の閲覧ソフトを使って、それらのソフトウェアをネットワーク経由で利用します。利用者側には閲覧ソフトだけがあればよいため、それが汎用的なものであれば利用する場所やパソコンなどは選びません。また、ソフトウェアのライセンスを「購入」するのではなく、利用期間に応じた「レンタル」であるため、購入モデルで必要であった初期投資費用はほとんどなく、使用した分だけを支払うことでトータルコストを低く抑えることができるようになります。

 ASPのメリット・デメリット

最小化

メリット

  1. 使用した分だけ支払うため、初期投資やランニング費用を抑えることが可能(一時的なスポット利用も可能)
  2. バージョンアップも買い替え不要で、いつでも最新版を利用可能
  3. 必要なものはインターネットにアクセスできるパソコンと閲覧ソフトのみで場所や環境を選ばない
  4. 運用に関する内容(設定、バックアップ)など等は事業者で実施するため、利用者はITに関する知識が不要

デメリット

  1. 使い勝手が閲覧ソフトの仕様に依存
  2. ネットワークがないと利用できない
  3. データはサーバ上に存在するため、データの種類や事業者の選定には検討を要する
  4. 使用量が多いととかえってコスト高になる場合もある

 

 VACCO HOSTING SERVICESの特徴

最小化

VACCO HOSTING SERVICESではWebアプリケーションとして独自開発した特定業界向けソフトウェアをASPとして提供しています。

 VACCO HOSTING SERVICESの提供メニュー

最小化
  1. 特定業向けWeb一体型ASP
    各業態向けに特有の機能を付加し、Webホスティングサービス一体として提供するホスティングサービス
  2. 機能特化型汎用ASP
    Webサイトの一部として組み込むような汎用的なプログラム機能を提供するASPサービス