2017年10月24日
  |  ログイン

 Webサービス

最小化

VACCO HOSTING SERVICESでは、従来よりホスティングサービス利用者様向けに各種の共通機能を提供してきました。この機能の一部を各種APIとして外部にも公開いたします。

 用語集

最小化

Webサービス

明確な定義はないが、Webサイトが人間が閲覧して利用するのに対し、パソコン内のソフトウェアまたはサーバなどのマシンやソフトウェアから利用する形態のサービスを呼ぶことが多い。Webサイト毎に作りこむには冗長な共通の機能、例えば郵便番号から住所を検索する機能を関数として提供したりするケース等が例として挙げられる。提供する粒度としては関数のレベルがメインであり、そのためAPIと呼ばれることが多い。

マッシュアップ

Webサービスを二つ以上組み合わせることで新しいサービスを構築することを指して言う。

 Webサービスとは?

最小化

Webサービスは、形態としてはASPとほぼ同じで、ネットワークを介してサービスを提供します。ただし、Webサービスは、サービス利用者が人間ではなくシステムであるケースが多く、Webサイトの中のプログラムから呼び出してプログラム部品の一つとして利用するなど、関数やAPIとして利用する形態が多く、当サイトではWebサービスをその意味で使用します。また、あちこちにあるサービスを統合して一つのサービスを提供することをマッシュアップするなどといったりします。

 Webサービスの仕組み

最小化
Webサービスは通常同一マシン内でプログラム関数として提供される機能をネットワーク上に配置し、多くのWebサイトで共有して利用します。入手や加工が困難なデータを安価・また容易に利用できます。一般的には汎用的な機能であればあるほど開発や保守の手間が減ることとなります。

 Webサービスのメリット・デメリット

最小化

メリット

  1. Webサイト毎に同じような機能を作りこむ必要がなく、データの保守も不要なため、コスト削減や安全に利用が可能
  2. 入手困難あるいは加工が大変なデータを利用が容易な形態で提供してくれる。
  3. 運用に関する内容(設定、バックアップ)など等は事業者で実施するため、利用者はITに関する知識が不要

デメリット

  1. ネットワークがないと利用できない
  2. 可用性や信頼性は事業者やサービスに依存する
  3. 使用量が多いととかえってコスト高になる場合もある

 Vacco Hosting Servicesの特徴

最小化

VACCO HOSTING SERVICESではWebサイトで使用する頻度の高いと思われる各種API相当機能をホスティング利用者様に無償提供すると共に、一部を外部にも公開します。

 Vacco Hosting Servicesの提供メニュー

最小化

今後続々と提供予定ですが、第一弾として近日中に以下のAPIを提供いたします。

  1. 郵便番号変換API「郵次郎」
  2. 返済シミュレーションAPI「ケイカくん」